ネイティブの思考を知ることは、英語のライティング力を強化する上でとても役立ちます。

特に、やり取りする相手がアメリカ人やイギリス人といった英語ネイティブである場合、自分がどのような点に注意して書けば、より正確に、細かなニュアンスまで伝えられるのかが分かるので、英文を書く力を高めたいと考えている方は是非トライして見てください。

ネイティブの思考を学ぶためにJさんが参考にしたのは、『日本人の英語』でおなじみのマーク・ピーターセン著 『ピーターセンの英文ライティング特別講義40』です。英語の文法書として高い評価を得ている『ロイヤル英文法』の著者でもあるピーターセンさん。日本の大学生や研究者の英文添削を30年以上やられており、40の講義を通して、日本人がよくやる間違いやそれを正すために必要な意識づけについて教えてくれます。

動作動詞の現在形は、基本的に、習慣や繰り返しやることを示す
英語の現在進行形は、主に、何かをやっている途中であることを示す
be going toは、「一時的な能力・可能」を表す一方、canは「身に備わった継続的能力」を示す
英文を書いたあとに、名詞の「冠詞」と「数」をひと通り確認する習慣づけの必要性
新しい情報として出す時に用いるbecauseと読み手が既にその情報を知っている前提で用いるsince


・・・等々を知ることで、自分が書く英文を英語ネイティブにどのように読まれるのかが想像できるので、より正確に伝えるために必要な書き方を考えるようになり、英文ライティング力の向上につながるわけです。内容的には、『日本人の英語』などピーターセンさんの他の著作と重複する部分もありますが、それでも、この40の講義をひと通りマスター出来れば、冒頭にかかれている通り「英語での『伝達力』は確実に向上する」でしょう。

欧米で10年以上駐在員をしているJさんですが、お陰様で、英語で書いた議事録やレポートについて、ネイティブから非常にポジティブなコメントをもらうことが多いです。そんなJさんが参考にしたのが、マーク・ピーターセン著 『ピーターセンの英文ライティング特別講義40』です。興味を持った方は、是非、トライしてみてください。