1. なぜ前置詞・副詞が大切なのか?


英語のネイティブスピーカーは、日常会話の中で 句動詞 (基本動詞+前置詞・副詞の組み合わせ)をとてもよく使います。ですから、句動詞を学ぶことで英語表現の幅が広がり、英語力が大きく向上する、という話は今までにも何度か取りあげてきました。

ですが、基本動詞と前置詞・副詞のどちらがより重要かといえば、それは、前置詞・副詞です。

というのも、句動詞の意味を決定づけるのは、前置詞・副詞の方だからです。
comeやgetのような基本動詞は、いろいろな意味になれる万能な単語ですが、裏を返せば、そこにはある種の曖昧さがある、とも言えます。ですから、基本動詞のもつ曖昧さを取り除き、意味をより限定していく働きをする前置詞・副詞の役割がより大切になります。

そんな大事な役割をもつ前置詞・副詞を深く理解できれば、さまざまな状況をより詳しく、細部まで英語で表現できるようになりますし、相手の話を聞いた時にも、頭の中により鮮明なイメージをもつことができるのです。

preposition_image

2. 前置詞・副詞のイメージ


前置詞・副詞を深く理解するためには、まず、その単語がもつイメージ・感覚をつかもうとする意識がとても大切です。on 「〜の上に」、in 「〜の中に」といった具合に、1つの英単語に1つの日本語訳をあてて覚えているだけでは、このイメージや感覚はとても身につきません。

イメージや感覚を身につけるためには、文字よりも絵や写真を見ることがとても効果的です。Jさんが一番オススメするのは、この記事でも紹介したロス典子さん著 ネイティブの感覚で前置詞が使えるです。

4歳半のお子さんが、アメリカ生活をとおして英語を身につけていく過程を観察していくと、.....「動詞はほとんど getで間に合わせ、get on,get in,get at などin,on,atを使い分けることで内容豊かに話してい」たことに気づき、ネイティブの子どもたちが前置詞の使い分けを習得していく方法を疑似体験できる本として出版されました。

1) 絵をながめ、2) 音声を聞き、3) 自分でその絵を描写してみる、というサイクルを繰り返すうちに、それぞれの前置詞がもつイメージや感覚がだんだんと身についてきます。このイメージができてくると、ムズカシイ単語が分からなくても、英語表現の幅を広げることができます。